喜ばせゲーム♪

2010年12月02日

みなさんハッピーですface02
かずひろです!

つい先日、ある人と話していたら

「かずがしげにいから教えてもらってる事が聞きたいからブログに書いてよ!!」と言われましたface08



そしてちょうど、今日仕事をしている合間に、昔テープ起こしをしていたしげにいの講演を読んでいたんですが、改めて読んでみて、「そうだicon53」とまた再確認させてもらった一節がありましたicon22

良いタイミングかもと思ったので、これからちょこちょこぼくがしげにいから教えてもらったことを紹介させていただこうと思いますicon64


ではいきますicon74




うちの店は他のどのお店とも競ってないです。
絶対に競わせない。


競って勝ったからって何なの?ってオーナーです。

競うってことは隣を見るってことですよね。

隣を見て『あそこはこんなことやってる』って言ってる間にもお客さんはどんどん目の前を過ぎていくんです。

それよりも目の前に来てくれた人にどれだけ喜んでもらえるかってやっていたほうが、気づいたら勝手に上に行くんです。

でもみんなは周りばっか見るんです。

(中略)

商売って言うのは人喜ばせゲームではあるけれど、別にチャンピオン獲るための競争ではないんです。


K-1でどっちが勝ったからとか、オリンピックで金メダル取ったとかそんな世界は別ですけど、


商人は違います、商売は違います。

勝ったからと言って何にもなりません。

それで満たされるのは自分の我だけです。




陽なた家八訓の中にもあるんですけど

【他人を見るな、目標を見ろ】。目標って言うのはどこに行くのかって言うのもそうなんですけど、来てくれたお客様のことです。その人たちに喜んでもらうことがぼくたちの目標なんです。


以上です。

よくいろんな人と話をしていると出てくるのが、同業他社がどんなことをしているか、どんな新しい商品やサービスを打ち出してきたかという話ですicon108





もちろん情報を集めて研究することは大切なことではあると思いますが、一番目を向けていないといけないのは




「お客さんは喜んでくれているのか?」

「もっと喜んでもらうにはどうすればいいのか?」

ということ!!


この一節を読み返してみて、


【商売は人喜ばせゲーム】

という言葉にとてもワクワクしながら


もっと喜んでもらうには何が出来るか?

役に立てるようになるにはどうしたらいいか?



と色んなことを考えることができましたface02


改めて自分ができる最善を意識して日々過ごしていこうと思いましたicon100

今日も読んでいただいてありがとうございますicon64

  続きを読む

Posted by 大名陽なた家 at 19:26Comments(0)しげにいから教わった事