自信と言う名の海

2010年11月30日

みなさんハッピーですface02

こんな夜中にかずひろですicon10

さっき風呂に入りながら考え事をしていたら、なーんか書きたくなってしまったので初めて家からアップしちゃいますicon22


昨日のセミナーでのたくみさんやしげにいももちろんそうなんですが、
この大不況のなかで仕事が上手くいっていたり、プライベートが上手くいっていたりと、つまり人生を幸せに生きている人っていますよね

本当にありがたいことに、僕の周りにはそんな人がたくさんいてくれますicon12

その中にはめちゃくちゃお金持ちの人や有名な人もいるし、学生時代の友人だったりと様々です。



そしてそういう人の共通点はたくさんありますが、その中の一つが「行動が早い」こと。

即断即決、朝令暮改とは良く言ったもので、幸せに生きてる人って余裕があるからのんびりしているようにも見えたりすることもあるけど、ぱっと決めたらすぐに行動に移していきますicon16


それも、同じ問題を抱えていても、幸せに生きている人は早く動くし、そうじゃない人ほど動きが遅い。


じゃあそれって何が違うんだろう??

そんなことを考えながら風呂に浸かっている時に、ピンときましたicon53


「もしかしたら幸せに生きてる人って自信と言う名の海で満たされてるのかな」。

そんな風に思ったんです。


なんとなくのイメージなんですけどこんな感じicon100


目の前に一本の細長い道があるとします。

そして向こう岸には自分の欲しい、または手に入れたい目標があるとします。


どうすれば手に入るかと言うと、ただ一歩一歩足を出して向こう岸に行くだけicon64

でも、その細長い道は平均台みたいになっていて、落ちたら下は海なんですicon196


そして、その海は自信と言う名の海icon125


要するに、自信がある人の海は水位が高いので、それほど道との高さを感じず、自信が無い人は水位が低いので、道との高さをすごく感じてしまう。


当たり前だけど、高さがあればあるほど一歩を踏み出すのに勇気がいりますよねicon108逆に高さを感じなければ普段通り足を出せるんですicon77


そして、その自信と言う名の海の水かさがどうやったら増えるかというと、

どれだけ自分と周りを喜ばせたか、
幸せにさせたかなんです。

だから、
自分は運がいいと思っている人、
自分に前向きな言葉をかけて自分自身を鼓舞している人、
自分には出来ると根拠のない自信をもっていたりと、

自分が喜ぶような考え方や行動をしてる人は水かさが増えていくし、


周りに「すごいね」「ありがとう」「おまえのおかげだよ」とか喜ぶ言葉をかけてあげたり、
困っている人を助けたり、話を聞いてあげたりと、

周りに幸せを与える人もどんどん水かさが増えていくicon105


こんな感じじゃないのかなと風呂に入りながらふと思ったんです。


ぼくの身近で言うとやっぱりしげにいが一番ですが、昨日の拓巳さんだったり八千代姉さんだったり、周りから尊敬され人望のある人たちは、海面からの高さが全然怖くないくらいの高さなので、一歩を踏み出すのも楽で、ヘタしたら目標まで猛ダッシュで行ってしまうicon16icon97


すごく表現が下手で抽象的すぎて申し訳ないんですけど、きっとみなさんの周りでもなんとなくピンとくる人がいるんじゃないかな~って思いますface15


ぼくはいつも大名ファミリーを「すげーなこいつら」って思いながら見ているんですけど、思えばこれを実践しているんです。

たいしも、亮さんも、れんも、いおりも、彰一も、あすみも、あゆも、みなみも、まさも、いつもみんなお互いを褒めあって、認めあって、お客さまに喜んでもらおうと毎日奮闘してるicon09

だからこんなに魅力を感じるし、進化するスピードがびっくりするくらい早いんでしょうねicon64


そして、そんな大切な仲間と毎日一緒に成長できることが、何よりも今のぼくの自信に繋がっているんだなと思い、本当に感謝の気持ちが湧きあがってきましたicon97



まだまだ一人さんやしげにい、そして尊敬する大好きな人たちのレベルとは程遠いですが、この仲間たちと日々奮闘しながら自分も、そして周りの人にも幸せを感じてもらえるようにがんばっていきたいと思いますicon22


思いっきりまとまりのない文章になってしまいすみませんicon11

今日も読んでいただいてありがとうございますface02  続きを読む

Posted by 大名陽なた家 at 05:01Comments(0)尊敬する人達からの気づき