Posted by at

大名にまつわる民話其の弐

2012年01月27日

大名にまつわる民話をもう一つ見つけましたので、ご紹介しますface01
↓↓↓

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

鶴原雁林とキツネの恩返し

 鶴原家は、代々内科の福岡藩医です。鶴原家は代々雁林(がんりん)を名乗っていますので
、どの時代かは不明ですが、ある夜、福岡藩家老の屋敷まで往診に行ったところ、
池のそばで1匹のキツネが松の木に縛られていました。


 家老に聞くと、キツネが池の鯉を盗みにくるので、
捕らえて殺そうとしているとのことでした。
雁林は哀れに思い「キツネの生き肝は良薬になりますから」と下げ渡してもらい、
我が家に連れて帰り「これからは侍屋敷に近づくな。山に帰り、
山で食べ物を探せ」と懇々と諭して放してやりました。


 その後雁林は、京に遊学の際、途中で病に倒れて高熱を発しますが
、美しい娘の手厚い看護により、すっかり回復しました。
雁林は礼を述べて身分を尋ねましたが、身分を明かさないままそこで別れます。


 寝床にキツネの毛が落ちていたので、あの時のキツネが助けてくれたものと思い、
福岡に帰ってから雁林は、庭に祠(ほこら)を建て、毎日、赤飯と油揚げを供えました。


 これには後日談があります。宝暦3年(1753年)、宝暦の大火の時、
浜町から出火した火事は、大名町から土手町を焼き尽くし、
雁林町へ燃え移ろうとした時に1匹の白キツネが現れて、
大きなしっぽを一振りすると火勢は衰え、雁林家は類焼を免れたということです。
これもキツネの報恩でしょう。


 先生の屋敷があった雁林町は現在の大名一丁目、二丁目界隈です。

(福岡市中央区ホームページより) 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

なるほど、今度はキツネですかicon14

ちなみに、大名陽なた家前の道を、「雁林町通り」と言いますicon67


他にも、福岡で面白い民話があれば教えて下さいねicon58



  

Posted by 大名陽なた家 at 23:37Comments(0)大名ぶらぶら

大名にまつわる民話其の壱

2012年01月27日

お久しぶりな、大名陽なた家のたいしですicon77

本日陽なた家メンバーは福岡市中央区大名についての勉強会をしたのですが、

調べてみて驚きの連続で、大名にもっと愛着が湧きましたicon06

そんな中、大名に関する面白い民話を発見しましたので
ご紹介いたします。

↓↓↓
:

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
鷹取養巴と手を切り取られたカッパ
 
鷹取家は、代々外科の福岡藩医です。鷹取養巴(ようは)は世襲名ですので時代は不明ですが、
養巴の妻がある夜便所に入ったところ、冷たい手でお尻をなでられました。
さすがに豪胆な養巴の妻、翌日の夜は短刀を持って便所に入りました。


 この夜もお尻をなでるものがいます。短刀で手を切り取りました。
養巴が調べると指には水かきがあり、カッパの手でした。


 それから3日目の夜、手のないカッパが現れて「手を返して下さい」と頼みます。
養巴は雨戸を閉めて帰れと言いましたが、カッパは「もう二度と悪さはしません」と哀願するので、
「切れた手をどうするのか?」と聞いたところ、「切れた手をつなぎます」と言います。


 「そんなことができる訳なかろうが、手は返してやるからその秘法を教えろ」と言うと、
養巴はカッパからその秘法を伝授されたということです。
その手接ぎ秘法の真偽は別として、カッパ秘伝の傷薬は、効き目抜群だったそうです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

とゆうことですicon130

いやー、いたんですね!


河童ちゃんicon14


ちなみに、大名陽なた家の一本南側の道を、「養巴町通り」と

現在は呼んでいるそうな。


めでたし。めでたしface01



  

Posted by 大名陽なた家 at 23:26Comments(0)大名ぶらぶら