Posted by at

イオリぶらぶらvol.3

2010年11月17日

注:皆様VOL.1から順にお読みくださいねface14


「子供達に愛を!森の木々に愛を!!」


僕の足は迷わずひとつの場所を目指していました。

森の木々を、そして子供達の事を想う人はあの人しかいない・・・

そして目的地へ↓





おわかりですか?そう・・・





シカです!!

大名にてひっそりと、しかし凛とした佇まいで全てを見守っていてくれているかのような・・・






シカです!!


僕はゆっくりと耳を傾けた

いや、まるで赤子のようにその身をゆだねたのです。



シカ「木に愛を・・・」




僕「!?」


僕は戸惑いを覚えた

「木に愛を・・・」確かに大事なことだ、しかし!スタンバード君と同じともとれるこのメッセージ・・・

それだけ木々への愛が大事ということなのだろうか?

子供達よりも?

いや、優劣などつけられるはずもない・・・


「木に愛を」


「きにあいを」


「キアイヲ」


「キタイヲ」


「キタイノ!」


「期待NO!」


そうか!!この見切り発車のぶらぶらに、きれいなオチなんて期待しちゃだめなんだ!!




「期待NO!!」

僕はゆっくりとデジカメの電源を落とし、陽なた家への帰路へついた。

そして皆に今日の話をするだろう、見切り発車はだめだと。

ブログであまり悪ふざけしちゃだめだと。


僕「ただいま~」

陽なた家につき、今日の出来事を話そうとすると

スマイルテロリストことアユミが僕の顔を見るなり叫んだ


あゆみ「デジカメ持ったまま長時間出歩かないで下さいよ!!」

聞けばバースデー写真を撮ろうとして困っていたようです。

事前の連絡・相談って大事ですね。

ブログって本当に楽しいものですね。

陽なた家は今日も皆ハッピーですface02

つづく?  

Posted by 大名陽なた家 at 18:08Comments(0)イオリぶらぶら

屋台!

2010年11月17日

こんにちわface02

れんちゃんの「ウマ辛チゲ」が絶好調icon14

大名からりょうですicon22

昨日、お店が終わってから蓮ちゃんの先輩「てつさん」のお店

屋台「ぴょんきち」に行ってきました

どの料理もおいしく、「めんたい餃子」「バラポックン(豚バラの甘辛炒め)」「キムチ」「おでん」

かずさん、たいし君、れん、りょう・・・

お腹がはち切れるほど食べつくしましたicon10

てつさんもとても魅力的で面白い方でした

そんな話の中、てつさんが「お店をやっていると、いろいろ大変でしょ?」

「俺も10年この仕事をやってきたけど、お客さんにたくさん勉強させてもらったよ」

「最初の頃は、右も左もわからず怒られてばっか・・・」

「家に帰って、悔し涙で毎日泣いてたよ・・」

「その悔しさや、お客さんのおかげで今があるんだけどね!」

「後、仕事は楽しんでやりなよ!」

「自分達が楽しくないと、お客さんだって楽しんでくれないよ!」

みんなで、てつさんから為になる話をして頂きました。

てつさん!勉強になりました。

美味しい料理、美味しいお酒、そして学ばせて頂き本当にありがとうございます!感謝。
みんなでまた行きま~すicon64







  

Posted by 大名陽なた家 at 16:01Comments(0)デイリー陽なた家

生ビールはキリンビール!

2010年11月17日

こんばんわface02

いおりのブログ・・・かなりいけてますicon100

りょうですicon64

今日のハッピースナップはちょっとびっくりicon10


右手前の「きむさん」
この日も、話の流れで、きむさんが誕生日という事がわかったので

さっそくサプライズ・バースデイicon154

ちょうど奥の団体様が帰られる途中で、一緒になってお祝いしてくれましたicon77

すごい盛り上がりでしたface08

ここからが、逆サプライズface03

帰り際に、きむさんから「店長さんいらっしゃいますか?」と一言

なんと、僕達がいつもお世話になっているキリンビールさんで働かれている方々でした

会社で陽なた家を紹介して頂いて、今日ご来店されたそうです。

「ご縁があるなぁ~」と(心の中で思いつつ・・・)

笑顔でお見送りface02

今日もたくさんのハッピーと出逢いに感謝icon77

最後まで読んで頂きありがとうございます!感謝。







  

Posted by 大名陽なた家 at 01:57Comments(0)ハッピースナップ

イオリぶらぶらvol.2

2010年11月17日

「この悲劇を忘れずに・・・」先人達が幾度となく唱えてきた言葉です。

その言葉の意味するところ・・・

人とは悲しくも忘れやすい生き物なのです。


全力疾走の解放感に疲れ切った僕は、ふと、あることに気がつきました。

「なぜ、僕は走っているんだ!!!」

全力疾走の末、記憶が全力失踪した僕。

気がつけば大名小学校の前で立ち止まっていました。そして、名言と出逢ったのです↓





「あいさつ・掃除 自学 立志」


「立志」

そう、僕は何か志を立てて走り出したはずなんだ!

しかし、今の僕はその志を思い出せずにいた。志のない僕は!正確には僕の足は!もう走り出す事ができずにいた。

小学校で子供たちの教訓に何か大切な・・・





子供達!?


その時、僕の前頭葉あたりに素早い痛みが走り、ひとつのイメージを思い出させた↓





「子供達に愛を!!!」

そうだ!中央区役所の前で、しょ〇べん小僧君に教えてもらった事だ!!!

記憶の蘇った僕に、また何か囁きが聞こえてきた・・・


「も・・あ・・・を・・・」


蘇った僕「!!??」

大名の喧騒にかき消されてよく聞こえない、僕はそっと声のする方へ近づいてみると・・・





スタンバード君だ!!!

スタンバード君から声が聞こえてくる!!


「森に・・・木々に愛を・・・」


その言葉を聞いて、また僕に!正確には僕の心に!衝撃が走り、僕はまた走り出していた!!

「子供達に愛を!森の木々に愛を!!!」

つづく  

Posted by 大名陽なた家 at 00:01Comments(0)イオリぶらぶら